開発

Battery Residual Value Predition System 1.0

Battery Residual Value Prediction Stystem (BRVPS)は、バッテリーユニット内の温度、湿度、圧力、電圧、電流などのBMS(Battery Management System)から取得したデータとOBD(On Board Diagonotstics)からの情報をバッテリー残存価値予測エンジンに蓄積し、AI/MLを定常的に実行しつつブロックチェーンへ書き出し事によって、EV/バッテリー所有者や利用者がクラウド経由でのデータアクセスを可能にします。現在SOH(State Of Health)データおよび、将来のSOHデータ(含む充電効率)と過去のバッテリー利用傾向をもとにした利用予測データへと自由にアクセスできることで、バッテリーの価値を最大限効率的にり利用するためのアクションを可能にしたシステムです。

センシングデバイス

WV Interface

OEM
AZAPA

・OBD
・BMS
バッテリー劣化モデル

・Charging Post
バッテリー劣化モデル

IoTプラットフォーム
デバイス群

BRVPE1.0
Smart Edge

AZAPA

・専用HW
・汎用HW
・半導体化

・Car xWallet
(チャージ料金精算)

ネットワーク
インフラ

通信系

Aptbot
AZAPA

・Aptbot


・Visualizer
・Simulator
・BI

IoTプラットフォーム
デバイス群

BRVE1.0
連携インターフェース

・開発

クラウド

BRVPS1.0
ブロックチェーン

・開発 Quorum(ETH)
・DEF(Factom)

・Human xWallet Application
・Battery開発

サービス
アプリケーション

MaaS
アプリケーション

ABCC

・スマートシティー
・ドライビングデータ
・V2G
・シェアリングエコノミー
・医療ヘルスケア
・物流
・保険
・金融