会員規約

一般社団法人
オートモーティブブロックチェーンコンソーシアム
会員規程

 

第1章 総則
 
(目的)
第1条 この規程は、本社団法人の社員に関して必要な事項を定めることを目的とする。
 
(社員)
第2条 社員とは、本法人の目的に賛同し、本社団法人より入会の許可を得て、社員としての特典をうける法人又は個人をいう。
 
(社員の種別)
第3条 社員には、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「法律」という。)に定められた議決権等の権利を有する一般社員と、法律に定められた権利を有しない特別社員がある。
 
(特別社員の種別)
第4条 特別社員には、教育・研究機関に勤務し個人の資格で本社団法人に参画する特別個人社員と、創業年数や資本金、従業員数などを基に理事会で承認された特別法人社員の2 種類が存在する。
 
(会員の資格)
第5条 社員の種別を問わず、本社所在地、又は個人においては届出住所が日本国内であるものとする。
 
第2章 社員の入社
 
(入社申請の方法)
第6条 社員として本社団法人への入社を希望する法人、又は個人は本社団法人が別途定める方法により、入社の申請を行うものとする。
 
(入社の決定)
第7条 本社団法人は、入社申請を受領した場合には、速やかに理事会にて入社の可否を審査するものとする。
 
(守秘義務)
第8条 社員は、社員の期間中及び大会、除名等理由の如何を問わず社員ではなくなった後においても、本社団法人の事業に関する事実、資料、情報及び本社団法人の事業に関して知り得た事実、資料及び情報の一切を秘密として保持し、事前に本社団法人の書面による同意を得ることなく第三者に開示漏洩してはならない。ただし、次の号のいずれかに該当するものは、この限りでない。
(1) 知得時に公知であるもの
(2) 知得後に自己の責によらず公知となったもの
(3) 知得時に既に保有していたことが書面により明らかなもの
(4) 正当な権限を有する第三者から秘密保持義務を課せられることなく適法に知得したもの
 
第3章 社員の会費
 
(会費)
第9条 一般社員は、以下の会費を本社団法人の事業年度ごとに納入しなければならない。
会費:500 万円
2 特別会員は、会費を払う責務を免じる。
3 本社団法人の事業年度開始後に入社する場合には、入社と同時に当該年度の会費を納入するものとする。
 
第4章 社員の退社及び除名
 
(退社)
第10条 社員は、退社しようとするときは、書面にて本社団法人に届け出ることにより退社する事ができる。
2 一般社員は、在籍が2 年未満で退社する場合、合計2 年分の会費を納入しなければな
らない。
 
(除名)
第11条 本社団法人は、社員が次の各号のいずれかに該当する場合には、理事会の決定により、何ら催告を要することなく、当該社員を除名する事ができる。
(1) 本社団法人の事業を妨げ又は妨げようとしたとき
(2) 会費の納入をおこたったとき
(3) 故意または重大な過失により、本社団法人の信用を失わせるような行為をしたとき
(4) 犯罪その他の信用を失う行為をしたとき
(5) 公序良俗に反する行為をしたとき
(6) 社員の役員又はその経営に関与する者、個人者印の場合は本人が、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下総称して「反社会的勢力」という。)であったとき
(7) 社員の役員又はその経営に関与する者、個人者印の場合は本人が、反社会的勢力に利益若しくは便宜を供与し、又は反社会的勢力との間で社会的に非難される関係にあったとき
2 前項各号の事由に基づき除名された法人又は個人は、除名に関して本社団法人に対して一切の損害の賠償を求める事はできないものとし、本社団法人は、除名された法人又は個人に対して現実に発生し又は合理的に発生しうる本社団法人の損害の賠償を求めることができる。
 
(退社又は除名に伴う会費の不返還)
第12条 社員が、事業年度中に退社し又は除名された場合であっても、当該事業年度における会費の支払い義務は免れないものとし、既に納入された会費は、退社又は除名にあたり、返還しないものとする。
 
第5章 社員の特典
 
(特典)
第13条 社員が受ける特典の内容については理事会にて決定するものとする。
2 特典内容の変更については、理事会で決定の後速やかに社員に通達されることとする。
 
(その他)
第14条 社員についてこの規程に定めない事項であって必要な事項は、理事会でけってい
する。
 
(改廃)
第15条 この規程の改廃は、理事会の決議による。