AI

AIとConsensu Algorithmについて

AI

Consenus
Algorithmについて

Dr. Maxim Orlovsky 博士は、2017年5月に開催されたカンファレンスで、人工知能などの最先端をいくテクノロジーでブロックチェーン・テクノロジーと技術融合よるブレイクスルーの可能性について、論じた。

今日のエージェントは、スマートデバイスなどのシングルエージェントが通信技術の発達により、複雑な知能化を集積、分析、共有するマルチエージェントへの取り組みにおいて、ブロッチェーンの技術融合に注目が集まっている。
シングルエージェントでは、処理する情報量に限界があるため、膨大な情報量を扱う複雑な課題解決を苦手としていました。

エージェントはアウトプットに応じて得られる報酬を最大化するという行動原理に従って活動するため、エージェントが複数になったときに、シングルエージェント下では起きない問題が発生します。

マルチエージェントシステムでは、各エージェントによって部分的に最適な意思決定が行われるものの、それが全体的に見た場合に最適ではないことがあるため、効率的な意思決定が達成できない場合があります。

1台のコンピュータのマシンパワーでは多数のエージェントを同時に処理できない場合があるため、複数のコンピュータに跨ってエージェントを配置するが、問題解決にあたるすべてのエージェントに同じデータを与えて、処理を試行するたびに同じように情報の解釈してもらう必要があるため、既存の人の手でコンピュータにデータを与える作業は管理コスト膨大になってしまうことがあります。

このような問題に対して、ブロックチェーンの活用が期待されています。分散型台帳を用いることによって、各エージェント間で同じ情報を効率的に共有できるデータベースとして活用できるだけでなく、ブロックチェーンの根幹をなす「コンセンサスアルゴリズム」をマルチエージェントシステムに用いることで、エージェントとエージェントの間に「利害の衝突」が発生している場合でも、全体最適のとれた最も効率のよいアウトプットに期待することができます。

今後のAI開発を飛躍的に推し進める変数として、CPUの計算処理能力の向上(あるいは量子コンピュータの登場)、コーディング方法の進化、マルチエージェントによる意思決定モデルの洗練、インターネットの高速化、人間の脳や意識が生まれる仕組みへの理解の深まりなど、数々の要因が考えられます。ブロックチェーンの登場は、AI開発の歴史に一石を投じることになるかもしれません。今後のAI開発にブロックチェーンがどう関わってくるか、注目です。