ユースケース

経済への投資

オートモーティブ

“所有するモノから使うサービスへ”の遷移拡大が予想されているこの領域では、本格的な自律型自動運転技術の研究開発が日夜続いており、実際の運用フェーズにおける“あるべきサービス品質”を見据えると、自動車メーカーにとっては、第三者によるハッキングや改ざんを排除した走行データの収集および管理が必須要件となっています。また、消費者視点に立つと、自動車所有者やリース利用者だけではなく、レンタカーやカーシェアリングユーザなどの消費者側にかかる保険や利用料金などの諸費用や手続きに要する時間的な負担を合理的に極小化させる意味で、走行データや利用データを正しく安全に管理し、よりサービスを利用しやすい環境整備を平行して具現化する事が必要となっております。こうした観点でオートモーティブ領域においてもBlockchainへの期待が極めて大きく、Public/Private双方のデータ管理メソッドの共存を意識したEEAへの注目度も高い状況となっています。また、こうした流れは狭義・広義を問わず世界的に成長が見込まれているMaaS産業へと繋がっており、自動車メーカーや移動サービス提供事業者が必要とする情報や得たいと考える評価と、安全・安心・安価且つTPOに即した移動手段を利用したいと考える消費者との間でのBlockchainを使った価値交換環境が整えば、更なる品質向上と利用促進に拍車がかかると考えております。

クラウドファンディング

従来のクラウドファンディングは特定のプラットフォームを利用し、且つクレジットカード決済の集合を中心とした資金調達であったため、その両面が必要とされる手数料といった余剰コストを考慮する必要があったものの、Blockchainベースのアーキテクトを具現化すれば、P2Pでの独自トークンの販売を通じて資金調達(ICO)が可能となり、事実、数日間で100億円規模のファイナンス事例などが誕生しつつあります。