ユースケース

M2Mのアクセスとウォレット

Eコマース

オンラインショッピングで最も重要視される要素は商品の安全性と決済および消費行動を含めた個人データ管理の信頼性です。EコマースのプラットフォーマーたちがBlockchainを使えば、出展商品のトレーサビリティを含めた透明性を担保出来、それらの管理コストを大幅に下げつつ情報管理の堅牢性を高める事が出来ます。他方、出店者側は現状、消費者の精緻な購買データをプラットフォーマーに握られる事を犠牲にして、消費者が大量に集まるECサイトへの出店を余儀なくされているのも事実であり、例えばBlockchain上で独自あるいは小売、メーカーの連携によるトークン発行の流れが加速すれば、P2Pで消費者とコミュニケーションが取れ、且つ精緻なマーケティングデータの獲得が可能となり、消費者側はより安価に商品を購入出来るばかりではなく、これまで以上に最適化されたレコメンデーションを受ける事が可能となる可能性があり、いずれのケースにおいても消費者にとって有り難い競争が加速していく事が予想されます。

IOT

IoTサービスは異なる数多のデバイスがオープンなネットワークを通じて自律的に中央集権的サーバへデータをトスアップする事によりデータ収集コストを低減させ且つ人手を介さないオペレーションによりデータの正確性を担保するという思想ですが、これらは全て完全自動化で且つセキュリティ的な課題がない前提下での話である一方で、実際はそれらが不完全であるという課題を抱えていました。Blockchainは可用性および非改ざん性の高さでそれらの課題を解決出来、且つ適切なスマートコントラクトにより運用コストを大幅に下げる事が可能であるため、領域を問わずIoTと非常に親和性が高いと考えます。しかしながら現在でも特定の分野ではリアルタイムデータを重視するケースも少なくなく、こうした領域は今後拡大する事も予想される中、EEAでは多業種に跨るメンバーで構成されるWGでの活動を通じて、エンタープライズユースのBlockchainの処理プロセスの改善について研究および議論を継続しております。